ヒヤリハット報告書の書き方

出張報告書は、出張の成果や出張先での業務内容を報告するために作成されるものです。

ヒヤリハット報告書は、「ヒヤリ」としたり、「ハッ」としたりした出来事を報告するもので、最近、医療や看護・介護施設、建設現場や工場などで取り入れられるようになってきました。「事故報告書」では、実際に起こった事故についての報告が行われますが、ヒヤリハット報告書は、事故には至らずに済んだ出来事についての報告を行うものです。

ヒヤリハット報告書では、いつ、どこで、何が起きたのか、またその対処についてや、同じ出来事を繰り返さないための対策について報告します。事故が起こりそうになった原因を見直すことで、事故の防止につながるため、特に、介護の現場では、ヒヤリハット報告書のほうが事故報告書よりも大切であるという意見もある程です。

1件の死亡事故や重傷者を出す重大な事故の背景には、29件の軽傷事故と300件の無傷の事故が存在するとも言われています。この無傷の事故がヒヤリハットということです。ヒヤリハットに該当する出来事や考え方を見つけ、共有し、事前に対策を講じておくことで大きな事故を未然に防ぐことになるでしょう。

ヒヤリハット報告書は、医療や介護の現場なのか、工場などの生産部門なのかによって、必要となる項目は異なってきますので、それぞれの現場に相応しい項目で作成するようにしましょう。

ヒヤリハット報告書は思いついたときに記入し、たくさんの職員の目にふれる場所に貼るのも、危険箇所や、事故が起こりやすいケースに気付き、事故を防止する効果があります。

報告書の書き方

出張報告書

事故報告書

研修報告書

会議報告書

ヒヤリハット報告書

リンク集